ジューンブライドを狙う友達

友人が結婚式を挙げる予定を立てていることを知らせてくれました。

ジューンブライドを狙って挙式の段取りを行っている模様でもちろん私は招待され出席させてもらうことにしました。

彼女とは高校時代からの友達で親友というより家族の一員と言える程の深い仲でした。

今までなかなか良い相手に恵まれず辛い恋愛ばかりをしている彼女を見て来たのですが

やっと報われる時が訪れたと思うと自分の事のように嬉しくなりました。

私は妊娠をきっかけに彼女より2年半ほど先に結婚してしまったので正直な所、

彼女とは既婚者と未婚者という見えない溝が出来ているような気がしてそれがなんだか寂しく思っていました。

その後私は子育てに追われ独身の頃みたく気軽に友達に連絡を取り遊びに行く事がなくなったので

彼女が結婚まで至る経緯についても知らず、新郎がどんな人かも知らない状況です。

しかし、結婚式という彼女の晴れ舞台に真っ先に声をかけてもらった事で寂しさは楽しみへと変わりました。

彼女のウェディングドレスを想像しただけでも涙が出そうです。

私は妊娠、出産を経て子育てに時間を費やしてきたので式は挙げずウェディングドレス姿を写真に収めるくらいだったので

彼女には

「私の分も結婚式を挙げてね」

と冗談を言っておきました。

彼女の結婚式を介して他の友達にも会えることを期待しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です