人生初の50代扱い?!

先日、衝撃的なことがありました。

今住んでいる場所の市役所から、 50歳以上を対象とする健康診断のハガキが届いたのです。

私、50代ではありません。

なんかの間違いです。

「いまだかつての人生にない50代扱いってどういうことよー!!」

深夜の大絶叫をやりたかったのですが、近所迷惑なのでできません。

(仕事で夜遅く帰宅した日だったので、ハガキの発見が深夜だった)

私はふだん、ムカつくとかキレたとか言わない人なのですが、こればかりはムカついた。

「誰が50代だ!」と、市役所へ乗り込もうかと思ってしまった。

(そこまでヒマではない)

(そんな原因で市役所に不審者扱いされたら哀しすぎる)

(長く住んでるので市役所に知り合い多いし)

(「なにやってんだあいつ」と言われてしまう)

どうもヤケを起こしたらしくて、 今日、買い物に行ったドラッグストアで、 「65歳以上はポイント3倍」と書いてあったものだから、

顔なじみの店員のお姉さんに 「65歳なんでポイントたくさんください」と言ってしまいました。

店員のお姉さんはすごくびっくりして、

「ホントですかー!?」

「ウソです。市役所に50代扱いされたんで、いっそのこと60代のふりをしてやろうと思って」

お姉さんは大笑いして、市役所から間違って届いた健康診断ハガキの話を聞いてくれました。

お姉さんに「65歳ですか、やっぱりね」と言われなくて、良かった。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です